10ステラ インプレ ライントラブル  [ リール ]

カテゴリ:
| コメント(2)

今回の10ステラインプレはライントラブル!!

僕が実際使っているモデルは4000XGです。

 

ライントラブル

スピニングリールの場合は単純にリールの性能の他に・・・

使用しているラインの太さ・種類

セットしているロッドのガイドセッティング

使用するルアーの引き抵抗(ラインテンション)

リールの性能以外にもライントラブルを引き起こす原因が多々ありますが・・・

今回は僕が通常使っているタックルでのインプレです。

ロッド・カスタムロッド(9ft・Kガイド仕様)90MF

ライン・PE0.8号(東レシーバスPE)

ルアー・最近多用しているのはレンジマスターですが巻き抵抗(ラインに十分なテンションをかけて巻けます。

※シンキングペンシル等引き抵抗が少ないルアー程ライントラブルは発生しやすくなります

 

上記通常のシーバスタックルで使用してライントラブルは現在全くなし!!

AR-Cスプールはトラブルなく使えます。

僕が現在使っているタックルでキャスト中にトラブルが起こる事はありません!!

しかしキャスト以外のチョットしたことで十分にキャスト時のトラブルを起こします。

(1)キャスト時のサミング

サミングをしないだけでは、キャスト時にライントラブルが起こる事は殆どないです。

しかしサミングをしていない事によってラインスラッグ(糸ふけ)が発生して次のキャストでライントラブルが起こる可能性は十分にあります。

 

2)ラインスラッグ(糸ふけ)の処理

ルアーの着水後十分にサミングしていてもラインスラッグは発生します。

この状態で巻いてしまうとラインにテンションが掛らずに次のキャストでライントラブルが発生する可能性があります。

キャスト後ベイルを戻し巻き始める前にロッドを煽ったり・後ろに倒してルアーの重みをしっかり感じてから巻き始めます。

 

他にも使用するルアーに引き抵抗がない=ラインテンションを掛けて巻けない...

糸巻き量が適切か?等ありますが...

 

通常使用(基本をしっかり)していればライントラブルは殆ど起こらないです。

 

   

10ステラ 4000XG  10ステラ C3000HG  10ステラ 2500S

にほんブログ村 釣りブログへ

コメント(2)

おはようございます。

AR−Cスプール良いですね!
僕はまだPEしか使用してませんがノントラブルです♪

ライントラブルはきひらさんが言うように少し気を使えば激減します。
キャスト後ベールを返し巻き始める前にスプールの前のラインを手で少し引っ張ってテンションを掛けてあげるとか…

風がある日はフライフィッシングで言うところの『メンディング』を行うとか…
例えば右から風が吹いている場合、キャスト後ルアーが着水する前からロッドを右に倒しティップを下げて、ルアーが着水したらラインもすぐに水面に落としてスラッグを作らない…
(フライの場合はわざとスラッグを作ったりしますが)

ちょっとした事ですが基本と言うか慣れでしょうね?!

コメントする

プロフィール

  • 名前:きひら
  • 出身地:三重県亀山市
  • 誕生日:1月5日(山羊座)
  • 所属:
loading ...

月別アーカイブ

人気記事

動画